株式会社町田設計

CM方式で家をつくる

CM方式の特徴



・ 使用する材料は直接仕入れを基本としますので中間業者の経費が削減でき無駄なコストが発生しません。
・ 余分な出費を抑えるこでおと客様のこだわり部分に資金を投入できます。
・ 完全注文設計でお客様ごとにオリジナルな住宅設計が可能です。
・ 各工事の内容と価格がオープンとなります。

CM事例イメージ

CM方式(コンストラクション・マネージメント)は建築主の立場に立って、良質な建物を安価で提供することを基本に考えたシステムです。

弊社ではじっくり打ち合わせを重ねて設計図面を完成させ、工事ではCM方式の採用をおすすめしています。(施工業者様がお決まりの場合は設計・申請のみお手伝いも、もちろんさせて頂いております。)
この方式の特徴である直接仕入れ及び専門業者への直接発注の部分では専門知識を持たないお客様にかわり専属の一級建築士がトータルでサポート(設計から発注・コスト・施工の監理)を行う仕組みをとり、お客様のお手をわずらわせる事なく進捗できるように工夫をしています。
又、これによりお客様の意向を的確に工事に反映することができ、工事内容や価格がどのように決定され遂行させていくかをより明確にお客様に示すことが可能になります。
平成21年10月に「住宅瑕疵担保履行法」が施行され,新築住宅の請負人や売り主には瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入又は保証金の供託)が義務付けられました。万が一倒産などにより瑕疵の保証等ができなくなった場合は、住宅事業者が瑕疵担保責任を負担するべきであった損害の範囲において、住宅取得者に対して保険金が支払われます。 CM方式(分離発注方式)の場合も同様に適用されます。

CM事例イメージ
■直接仕入れと発注代行

打合せ図面通りに建物ができるように各専門業者への発注と直接仕入れ施工時の監理を行いお引き渡しいたします。

フロー1イメージ
■基本計画からのながれ

基本計画から設計・施工迄以下の手順で行います。

フロー2イメージ
■CM方式こだわりの活用法

CM方式(分離発注方式)の仕組みをいかしてコストダウン以外にもいろいろと活用してみませんか?

・活用例1
「自分でできる作業は自分でやってみたい」


土地の樹木伐採やウッドデッキ造り、内部の珪藻土塗りやドアのペイントなど自分でできる作業はやってみたいという方におすすめ!!
ご自分ではできない難しい作業のみを専門業者に発注する事も可能です。
この場合、作業間の工程監理は弊社で責任をもって調整いたします。

・活用例2
「こだわりの備品は自分で手配したい」


タオル掛けや収納棚などこだわりの備品は自分で調達したいけど取付けは依頼したいという方におすすめ!!
取付の手配など弊社で責任をもって調整いたします。


ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

ページのトップへ戻る