CM方式で家をつくる   


CM方式の特徴
 ・ 使用する材料は直接仕入れを基本としますので中間業者の経費が削減でき無駄なコスト が発生しません。
 ・ 余分な出費を抑えるこでおと客様のこだわり部分に資金を投入できます。
 ・ 完全注文設計でお客様ごとにオリジナルな住宅設計が可能です。
 ・ 各工事の内容と価格がオープンとなります。

CM方式(コンストラクション・マネージメント)は建築主の立場に立って、良質な建物を安価で提供することを基本に考えたシステムです。


弊社ではじっくり打ち合わせを重ねて設計図面を完成させ、工事ではCM方式の採用をおすすめしています。(施工業者様がお決まりの場合は設計・申請のみお手伝いも、もちろんさせて頂いております。)
この方式の特徴である直接仕入れ及び専門業者への直接発注の部分では専門知識を持たないお客様にかわり専属の一級建築士がトータルでサポート(設計から発注・コスト・施工の監理)を行う仕組みをとりお客様のお手をわずらわせる事なく進捗できるように工夫をしています。
又、これによりお客様の意向を的確に工事に反映することができ、工事内容や価格がどのように決定され遂行させていくかをより明確にお客様に示すことが可能になります


平成21年10月に「住宅瑕疵担保履行法が施行され,新築住宅の請負人や売り主には瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入又は保証金の供託)が義務付けられました。万が一倒産などにより瑕疵の保証等ができなくなった場合は、住宅事業者が瑕疵担保責任を負担するべきであった損害の範囲において、住宅取得者に対して保険金が支払われます。 CM方式(分離発注方式)の場合も同様に適用されます。

直接仕入れと発注代行
打合せ図面通りに建物ができるように各専門業者への発注と直接仕入れ施工時の監理を行いお引き渡しいたします

お客様

ハウスメーカー

専属工務店

各専門業

 

お客様
弊社がお客様にかわって発注を代行(中間の経費を減らします。)
各専門業者


こだわりの活用法

基本計画から設計・施工迄以下の手順で行います
基本計画
お客様のご要望・予算等をお聞きしながら、計画のたたき台を何回か作成し打合せを重ねながら、計画をつめていきます。

実施設計
計画が決定したところで、実際の設計を行います。その過程で、基礎、木材、屋根、外壁仕上げ方法・住宅機器等の仕様を詳細を打合せ決定します。

許可申請
実施設計が完了すると役所関係の必要な書類を提出します。

見  積
各工事ごと数量と単価を提出します。
それを基本に各業種・材料卸業者ごとに2社〜3社の見積をまとめ内訳検討、価格交渉を行い、各専門業者を決定します。
各工事ごとの価格、専門業者が決まると工事全体の予算が決まります。
施主に確認の上専門業者と契約していただきます。(各業者との契約は面倒だとの施主 様には工事の中心的な役割を果たす工務店との契約も考えます)

工  事
当社の担当が専門業者を手配。材料業者より材料の納入、工事の監督、建物の工程管理・品質管理等全て代行して行います。
工事途中の変更に対する対応も行います。(実際に形になってくると、入念な設計打ち合わせを行っていても変更が出る場合がある)
変更があった場合の予算調整もその都度行います。
使用材料の確認を各専門業者差手前に行います。

樺ャ田設計 長野県佐久市岩村田北1-17-12 0267-68-8070